組込システムにも、ハードウェアによる仮想化支援機能搭載や、コンテナによる仮想化の実装の流れが広がり始めています。
お客様の開発を容易にするため、モンタビスタでは CGX 仮想化プロファイルを用意しています。このプロファイルは、いずれの仮想化方式にも対応し、お客様の開発プラットフォームで「商用」品質を実現するパッケージとフィーチャーを提供します。


コンテナによる仮想化では、先進のユースケースに対応したマイグレーションを可能とするよう「CRIU」を用意しています。更には、単一の CPU コアを特定のプロセス専用とする Core Isolation 技術も利用可能です。

これに加えて、仮想化プロファイルには「cloud-init」や「openvm-tools」といった、仮想マシン内部の初期設定・監視ツールが含まれます。これらのツールにより、ゲスト VM が実行されている仮想環境の構成の検査や変更が可能になります。

また、コンテナ・オーケストレーション・フレームワークのデファクトである Kubernetes も、Docker上で動作確認の上、同梱しています。

Kubernetes だけでなく、インテリジェント・エッジやコア・ネットワークの「組込デバイス」上で、クラウド機能の次のレイヤーを担う VxLAN、VFIO、CEPHといったツールをパッケージ化して出荷いたします。

 

CGX 仮想化プロファイル・フィーチャーリスト
  • Kernel Virtual Machine (KVM)
  • Docker containers
  • Checkpoint Resume In Userspace (CRIU)
  • Kubernetes
  • Core Isolation
  • VFIO, VxLAN
  • Cloudinit
  • openvm-tools
  • CEPH

 

より詳しいコンポーネントのバージョンや、BSPのサポート状況をお知りになりたい方は、当サイトの「ハードウェア・サポート」セクションをご確認いただくか、お問い合わせフォームにてお知らせください。