再度の記述となりますが、今日、組込デバイスがセキュリティー侵入のターゲットになりつつあります。
クラウドのエッジを構成する IoT デバイスや自動車、医療用機器、そして産業用のインフラを構成するセンサーまで、ハッカーによる金銭要求・破壊による侵入や攻撃の危機にさらされています。
こうした傾向は、「頻度」も「程度」も悪化が見込まれ、IoT/SDN/NFVといった成長著しい分野に機器を投入する企業や開発者に対し大きな課題となっています。

これらのマーケットでは、潜在的な「脆弱性の不正利用」に対し、新しい攻撃の方向と道筋を立てつつあります。数か月前、セキュリティが十分でないセンサー端末が不正利用され、DDOS攻撃に加担させられてしまうという事件が発生しました。 これがきっかけとなり、製造メーカーにコンプライアンス遵守を義務付けるべきだという、業界や政府に対するサイバー・セキュリティーのコンプライアンス標準への要求が強くなったのです。
この為、サイバー・セキュリティ対応の機器を出荷する事は、事業の成功と成長にとってクリティカルな要素となっています。

一方明るいニュースとしては、高度なセキュリティを保つ製品・機能が組込機器の開発向けに既に存在しているため、モンタビスタでは、お客様の機器に実装し、市場投入する際のお手伝いをさせていただきます。

セキュリティに対するモンタビスタのアプローチ:概念図

 

容易になるセキュリティの実装方法

弊社では、ネットワーク・システム、IoT エッジコンピューティング、NFV および急成長している市場向けの信頼基点(Root of Trust) 作成に、OSが担う役割の重要性を十分理解しており、お客様の負担を最小化してセキュリティ関連の技術を導入することを目標にしています。必要となるセキュリティ・パッケージを実装しテストを行ないますが、加えて、すぐに開発に着手いただけるようセキュア・ブートなどのユースケース例もご提供いたします。
また必要に応じて、必要なセキュリティ・レベルの実現に向け、プロフェッショナル・サービスも併せてご利用いただけます。

 

是非当Webの「PRODUCTS」セクションをお読みいただき、また Security Solution に関する資料もご参照ください。

ご質問やご不明な点がありましたら、「CONTACT US」内のフォームをご利用ください。